洗濯物はなぜ乾く? 
   


森:洗濯物の話しましたよね? 洗濯物干すやつ。してない?ちょっと例を挙げます。

おしめがこうあるとしますよね、幼児教育ですからおしめにしますね。(笑)[図1参照]



ここ(A)にこう水があるわけですけど、水が(おしめから)蒸発してこう出るわけですね(α)。

で、ここ(B)に目に見えない膜ができるんです。

<分子運動の話>
この膜は、1ミリの、何ミクロン単位だそうですね。1ミリの、あれ何だっけな?百分の一か、十分の一か、何かその位の感じの、ものすごくもう狭い範囲で膜ができるんだそうです。それで問題は、膜ができたらこの水蒸気が自分で返ってくるんです(β)。行ったり来たりするから乾かない。こう返ってくるのがいたら乾かないんですね。

で、どうするかっていうと、風で吹き飛ばす。するとこれ出っぱなしだったら乾く、ということですね。そういうふうに言うとよく解る。だから目に見えない壁がこうある。だから湿度が低くても、風が無いとこの辺が湿度100パーセントになっちゃうんですね。

湿度100パーセントっていうのは、出ていったのと返ってくるのがいつもある状態。そういうふうに考えたら解りいいでしょ。100パーセントっていう事は、くっついたり離れたりの水の量がいっしょなんだ。そういうふうにしないと100パーセントっていうのがわからないよね。

ところが、運動の形で理解するとわかる。これがどんどん出て行くと乾くわけですよね。で、ここ(B)にある水を減らせばいいんだから、これ(α)をぴやっと吹き飛ばしたら、出っぱなしになるよね。

それともうひとつ。分子のスピードが速ければ、温度が高いっていうことなんで、温度を高くするとスピードが上がるから速く乾く。というので、温度を高くすると分子運動が速くなって乾く。[図2参照